あなたの歯科医院の“特徴”が分かるPR動画で集患する

現在、動画市場にユーザーが集中しています。国内のYouTube利用率は75%を超え、若年層のテレビ離れもありスマートフォンによるユーザーの動画視聴時間は引き続き増加中です。5G時代に突入し、動画をストレスなく視聴できる環境が整うことで今後ますます動画市場は拡大する事が予想されます。

動画を活用して、“集患”力アップの相乗効果を生み出す。

Googleの基本理念として「ユーザーに優しい情報を提供する」といったルールがあります。

近年YouTubeユーザー増大の影響もあり、Googleマップにも「動画掲載」の優位性が求められおり、Googleマップと動画の相乗効果を、集患力につなげることが重要となっています。

集患促進ムービーの実際の作品

「百聞は一見に如かず」

まずは以下URLより弊社制作実績ご確認ください。

YouTubeチャンネル(https://www.youtube.com/channel/UCtj4ZegB81Hwc-xXN6FrnSg

(歯科医院事例) 

ほほえみ歯科1

ほほえみ歯科2

つのだデンタルケアクリニック1 

つのだデンタルケアクリニック2 

歯科医院を選ぶ時に、チェックされやすい5つのポイント

そもそも人は、どんな考え・行動に基づき歯科医院を選んでいるのでしょうか?この点をしっかりと理解したうえで、歯科医院のPRおよび集患を図ることがとても大切です。

大きく5つのポイントがあげられます。

  1. 自宅から行ける範囲内にあるか
  2. 実際に受診された方の反応はどうか(口コミ)
  3. 良心的な料金設定か
  4. 親しみにある先生か(雰囲気)
  5. (コロナ禍ゆえ) 衛生管理や体制は整っているか

自宅から行ける範囲内にあるか

歯科治療は、ときに中長期的な治療となることも多々あります。

したがって、歯科医院の情報発信においては、自宅もしくは職場から通うことが可能なのかどうか、駅からの距離また交通手段を検討できる情報(駐車場の有無)などを明確に提示することが大切です。

実際に受診された方の反応はどうか(口コミ)

2つ目にあげられるのが、受診歴のある方の反応です。

実際に行ったことのある方の声は、これから通うか迷っている方にとっては非常に大切な情報の1つとなります。

受診していただいた方の声をより良くすることももちろん大切ですが、その声を広く新規の患者さんに発信することも重要な点となります。

良心的な料金設定か

治療にかかる費用がおよそどのくらいなのか、他院と比べてどうか。中長期的な治療となるとよりこの点は気にされるポイントとなります。より具体的に、発信していくことが新規患者さんの安心につながり、ひいては集患に結び付くと考えます。

親しみにある先生か(雰囲気)

歯科治療にかかせないのが、先生と患者さんとの「コミュニケーション」です。患者さんは、そこに”安らぎ”と”安心”を求めます。

「話しやすい先生だろうか?」「親身になって相談に乗ってくれるだろうか?」

など、先生の”人柄”や”雰囲気”をともなって発信することで来院前の患者さんに“安心”を届けることができ、集患に結び付けることができます。

来院前に、これら5つのポイントをウェブで体感していただくために、

動画を活用した情報発信が有効なのです。

(コロナ禍ゆえ) 衛生管理や体制は整っているか

新型コロナウイルス感染拡大にともない、日常の暮らしが180度変化しました。

そんななか、常に人の意識にあるのが、自身が今いるその場の「衛生環境」です。検温体制、消毒備品の常設、空気環境の清浄設備など、安心して治療を受けられる環境であるかどうか。この点を、明確に伝えることも、より多くの集患を図るうえでは欠かすことのできないポイントとなります。

これら5つのポイントをより効果的にわかりやすく伝えることが、集患に大きく関わってきます。

動画での情報発信による集患のメリットとは?

そもそも「動画での情報発信による集患」には、どんなメリットがあるのか。その点について考えたいと思います。

大きく3つのメリットがあげられます。

1.限られた時間で、多くのメッセージを伝えることができる

情報を伝える手段は、口頭で伝える、紙媒体で伝える、WEB広告画面で伝える・・・など様々です。ただし、それぞれに特徴があり、それぞれに含むことができる情報量も一定量決まっています。動画コンテンツは、「視覚」に合わせて、「聴覚」(音)にも触れることができるため、短時間でより多くの情報をお届けすることが可能なものです。

2.実際の様子を、体感的に伝えることができる

院長先生の雰囲気、話し方、治療の様子など、患者さんにとって、歯科医院を選ぶうえで重要である点が、文字や写真ではなかなか伝えきることが難しいケースがあります。

一方、動画を用いることで、”体感的”にその様子を伝えることができるため、視聴者も正確に歯科医の様子を知ることができ、安心して来院していただきやすくなると考えます。

3.イメージが湧く(医院のブランディング)

普段、先生はどんな思いで、どんなことを大切に、普段患者さんと向き合っているのか。

目には見えないけれども患者さんの心に刺さる、病院の”こころ”の部分を、動画であれば、明確に発信し届けることができます。

この”こころ”を届けることは、それはまさに医院のブランディングです。お客様が歯のことで困ったときは迷わず選ぶ(リピーターの創出)歯科医にしていくためには、必要不可欠な点となります。

動画での情報発信は、医院のブランディングとなり、ひいてはリピーター創出に直結する大切なプロモーション施策となります。

まとめ

「たかが30秒、されど30秒。」30秒に込める、あなたの想い。

人が求めている情報(歯科医院の特徴)を、より正確に、より分かりやすく、より人間味をもって発信し、安心してご来院していただく。そのために、動画による歯科医院PRをおすすめしております。

弊社の動画制作サービスは、30秒動画を2本制作させていただいております。

たかが30秒、されど30秒。

30秒間の動画に、最も大切な医院の”こころ”を込め、一人ひとりに寄り添う歯科医院として、たくさんの方に知っていただき、頼りになる歯科医院が近くにあると、患者さんに安心していただくことを考えてみてはいかがでしょうか。