集患(集客)方法は、常に、変わる。

突然ですが、こんな経験はありませんか?

「歯科医:最近なんだか、患者さんが減ってきている気が・・・」

なぜ、患者さんが減ったのでしょうか?そこには明確な理由が存在します。

あなたの患者さんは、「減った」のではなく、「移動している」のです。

例えば、歯科医を探すとき、【方法A】で情報収集し、来院することが主流の方法であるとしましょう。しかし、人が情報を得る方法は、日々新しいものが生まれています。したがって、それまで【方法A】が主流であっても、突然、【方法B】が現れ、その方法が良いとされると、それがトレンド(主流)となっていきます。

つまり、今まで【方法A】で歯科医を探していた大多数の人が、だんだんと【方法B】で歯科医を探すようになります。

【方法A】に集まっていた人が、【方法B】にトレンドが「移動している」ということです。

この変化に気づいていないあなたは、そこに人がいないとも知らず【方法A】に自身の病院情報をのせ続ける。

でも顧客が来ない、以前よりお金をかけているのに効果が出ない…

結果、「歯科医:最近なんだか、患者さんが減ってきている気が・・・」という経験が生まれてしまうのです。

電広の「トレンドマーケティング」とは?

患者さんの移動に合わせるように、集患すべき病院側も「集患場所」を変える必要があるのです。

顧客は、今どの市場に集まっているのか?

それを把握するのが株式会社電広のマーケティングサービス

「トレンドマーケティング」です。(サービス詳細はこちら

5000店舗を超える圧倒的なビッグデータから分かる答え。

我々はなぜ「集患場所の変化」を知ることができるのか。

それは、経験でもありません、勘でもありません。

「データ」です。

弊社は集客・集患サポートの導入先5000店舗の集客・集患データをもとにしたリアルな市場分析を行い、その媒体をいち早くキャッチ、成果の出るマーケティングをフルサポートとして提供いたしております。

あなたの顧客がどの市場にいるか、それはデータが答えを教えてくれるのです。

今、何を選択するかで、未来の利益が決まります。

これまでよかった手法が、今もよいとは限りません。市場およびデータ分析から今後の動きを予測し、逆算して「今、すべきこと」を選ぶことが未来の成果につながります。

広告費は、増やさない。移動させる。

いくらたくさんのお金をかけても、そこに人がいなければ見つけてもらえません。

反対に、人がいると分かっていればたくさんのお金をかけなくても見つけてもらえます。

我々は、広告費を「どれだけ使うか」ではなく、「どこに使うか」を重視しています。

それまでトレンドであった集患市場であっても、衰退の傾向がデータ分析の結果、認められた場合はいち早くその市場から撤退し、新たな集患市場へそれまでの広告費を「引っ越し」させる。その判断をサポートしております。

私たちは、媒体業者ではなく「マーケティング会社」です。

昨今、Googleマップの整備が大切であるとされ、それに追従するように「MEO対策会社」がとても多く、病院・店舗経営の皆さまは何度もMEOについての営業を受けていると思います。

我々は、あくまでも「マーケティング会社」として、常に集患のトレンドを追いかけ、お客様に情報をお届けし、お客様の情報を顧客が存在しているところへ、効率的かつ適切な予算配分で発信していくことを目的としています。一般的なMEOを整備する会社ではございません。